まつ毛育毛剤人気

まつ毛育毛剤副作用

 

まつ毛育毛剤人気のルミガンは元々は緑内障の目薬がベースで出来ていますので、目に入っても全く問題は無いのですが、やはり薬ですので個人差があって、副作用の出る人がいます。

 

症状としては、「充血」「違和感」「まぶたの黒ずみ」などがあります。

 

ほとんどの場合には使用方法が間違っている場合が多いので正しい使用方法を下記に書いておきます。

 

下記の正しい使用方法を守て頂ければ副作用はほとんど出ません。

 

まつげ育毛剤は、毎晩1回上まつ毛の根本に塗ります。

 

下まつ毛には使用しませんので気を付けて下さい。

 

効果が出るまでには時間が掛かります。

 

なかなか効果が出ないからと大量に塗ってはいけません、症状を毎晩塗るようにしましょう。

 

使用前には必ず、洗顔。

 

目の回りの汚れが落ちていませんのルミガンが上手く上まぶたの根本に浸透してい行きませんので、きちんとした洗顔が必要です。

 

上まつ毛に目元に付けるには、専用のアイブラシを使用しましょう

 

面倒だからと、化粧用のコットンや、普通の綿棒などを使用してしまいますと、大量にルミガンが付いてしまいます。

 

.容器の先を手で触ったりしないようにしましょう。

 

毎日使用する薬ですので、汚い手で容器の入り口などを触ってしまいますと雑菌の元になりますので、注意しましょう。

 

なるべくなら冷蔵庫に保管しておく事をお勧めします。

 

普通の目薬でも言えるのですが、基本的に目薬は冷蔵庫で保管しておきますと、長持ちがします。

 

充血してきたら、充血用の目薬を使用して充血が無くなるまで使いましょう。

 

充血も主な原因はルミガンの付け過ぎがあります。その場合には一旦ルミガンを使用することを止めて、充血を取る目薬などを使用して、充血が出なくなるまでルミガンは使用しないでおきましょう。しばらくして充血が収まりましたら、正しい方法をルミガンの使用を再開してください。